消毒の方法|ノロウイルス予防のススメ!エタノールを使ってしっかり消毒
sterilization.com

ノロウイルス予防の為、エタノールを使って消毒しよう

消毒の方法

男性

ドアノブの消毒

基本的に感染者が触れたものは全て消毒するようにします。ノロウイルスの潜伏期間は24時間から48時間なので、普段からこまめに消毒をしておくことが重要となるでしょう。基本的にドアノブは誰もが触れる場所なので、エタノールで消毒します。ドアノブを触る前に、エタノールを吹きかけて清潔な布で拭き取るようにしましょう。こうすることで、接触感染を防ぐことができます。ドアノブに布とエタノールスプレーをぶら下げておくと良いでしょう。

トイレの消毒

感染者の排泄物や嘔吐物からノロウイルスに感染してしまうことが多いでしょう。中でも危険なのがトイレです。排泄物や嘔吐物が乾燥すると、空気中に舞い散ってしまいます。飛沫感染や塵埃感染を引き起こす原因になるでしょう。トイレを利用する前と後に便座をエタノールで消毒するようにします。フラッシュバルブも忘れずに消毒するようにしましょう。また、フタを締めてから水を流すことで、ノロウイルスが便器の回りに飛び散るのを防げるのです。

その他消毒箇所

ノロウイルスを防ぐためには、様々なものを消毒する必要があります。基本的にテーブルや椅子など、人が触れるものはエタノールを使って消毒するようにしましょう。エタノールを使えば金属や木材など、素材を選ぶことなく消毒することができます。また、まな板や包丁の消毒も大切です。牡蠣などの二枚貝を調理した後は、必ずまな板と包丁を消毒しましょう。消毒せずに調理器具を使ってしまうと、他の食材がノロウイルスに汚染されてしまいます。

広告募集中